2年を費やした最小限女房とこれからの私の画策

カレッジ時代におんなじ学科内でラブラブグループがありました。2年になって、1年からよく2人間で立ち寄るほどに仲の良かった旦那にカミングアウトされ、後押し人間の引き伸ばしという感じで交流を始めました。見た目はなかなかのイケメンだったのですが、後押し人間同士だった頃には女房ができず、一途ですな、と考えていました。しかし、付き合い始めて3ヶ1ヶ月足らずで初めてのつまみ食いが露見。原因は旦那の事を博士だと公言している同学科の1年ライブがデートをした話を周りに話していたからでした。交流が落ち着いたら周りに公表しようと話していた結果、女房は当然私たちの関係など知らず、喜んで周りに話していました。旦那に問い詰めるとあっさり開示し、女房に断りました。しかし、それからも1、2ヶ1ヶ月するとどっかからギャルとデートをしていた報告が入ってきました。1年生の時はデートもせず、女房が行える感じもなかったので、私も今だけだろうと根気をし続けました。私たちの交流を後押し人間グループ含め、周りに公表したのが交際して1年経った時でした。旦那はその時点で計6回のつまみ食い露見がありましたが、公表する結果おとなしくするだろうと思っていました。
しかし、公表して1ヶ1ヶ月も経たないうちにつまみ食い報告が後押し人間経由で私の耳に入りました。その時には旦那のことを後押し人間では無く、恋人間として好きになってしまっていたので、離れるという採用もできませんでした。 交流を始めて2年経った時、旦那のつまみ食いにも動じなくなっていたのですが、旦那が遊んだギャルが私の悪口を言っているという報告が入ってきました。図書人間に聞くと、私のせいで旦那が縛られておる、と散々罵倒されました。なぜカミングアウトされて付き合って、好きで一緒にいるのに、知らない母親にこんなことをおっしゃるのか、と不思議になりました。そこでようやく目が覚めて、旦那に離別を告げました。発覚しただけでも15回のつまみ食いはなかなか、聞いたことがありません。
http://xn--n8j9cz97m16fh3hs60e.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です